読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マメになれない豆日記

マメになれない緑豆の奨学金返還完了までの記録。 スタート時(25歳):848万6000円 2017/4/1現在(34歳):171万円

奨学金を返還しよう ~30代どう生きたいか②~

こんにちは、緑豆です。

前回からの続き。

具体的に目指す生活にどれくらいお金がかかりそうかをざっくり試算しました。
※マメではないので、ざっくりです。ざっくりでもいいので把握してみるのが大切かと思いました。

                                              • -

☆:現在、着手中
★:現在、達成中
・:未着手

                                                • -

■お金
奨学金完済
・年金未納があれば払う(確か学生時代の未納分があるはず。まずは確認して支払う)....単発のお金
・投資(NISA)
・老後貯金
国民年金(今は厚生年金)

【内訳】
奨学金...100万円/年(完済後は引き続き老後貯金or投資に回していく)
投資...6万円/年
老後貯金...60万円/年
国民年金...19万円/年
⇒185万円/年

■住まい
★日当たりがいい
★食卓と寝室は部屋が別
★階段で上り下りが苦にならない高さに住みたい(なるべく地面近くに住みたい)
☆いつも綺麗な水回り
・週1回のフローリングの雑巾がけ
★ベランダ有り

【内訳】
家賃...7万円×12=84万円/年
更新料...7万円/年
※いつかUターンするかもな、したいなーと思っている京都の中心部1DK家賃相場から7万円/月と設定。
 プラス、年に2回の更新料(家賃2カ月分)も考慮
⇒91万円/年

■食事
☆朝は白湯を飲む
★1日2食は食べる
★週2回はパンが食べれる
☆週2回は果物が食べれる
★月2回は外食できる

【内訳】
内食...2.5万円×12=32.4万円
外食...0.6万円×12=7.2万円
⇒39.6万円/年

■交際
☆恋愛:感謝を忘れない 相手の生き方の邪魔にならない 困った時に助けられる体力を持つ
☆友人:感謝を忘れない 年賀状を忘れずに出す 困ったときに相談にのる
★家族:生活は別にする 身体をいたわる 困ったときに相談にのる
★京都に年2回は帰省する

【内訳】
・おせち代+甥っ子のお年玉代...2.6万円/年
・年賀状代...0.1万円/年
・家族の誕生日プレゼント(ごちそう代)....5万円/年
・帰省代...6万円/年
⇒13.7万円/年

■娯楽
フジロックに毎年行く
・月1回は銭湯に行ける
・恋人と年1回旅行に行ける
★ingressをのんびり続ける
☆日本で開催されるingressのイベント(アノマリー)に参加できる
★好きなアニメを見る
★月1回は友人と食事

【内訳】
フジロック代...8万円/年
・銭湯代...0.6万円/年
・旅行代...4万円/年
アノマリー代...3万円/年
・友人と食事代...6万円/年
⇒21.6万円/年

■仕事
・やりたい事をできるだけのお給料を把握する
★やりたい事をできるだけのお給料を貰える仕事につく

■美容・健康
★2wkコンタクトを使い続ける...3万円/年
★健康体でいる...?/年
★年4回の歯の定期検診・クリニックは続ける...1万円/年
☆脱毛を終わらせる...10万円/年
☆20時~4時は食事を摂らない

【内訳】
・コンタクト代...3万円/年
・歯科代...1万円/年
・脱毛代...10万円/年
⇒14万円/年

■教養
・英語学習を継続する

■持ち物
・所有物のリスト化(死んだ後の処分方法も記載しておく)
☆アルバムのデジタル化...3万円(単発)
・半年に1回は色々なサービスのユーザー登録を見直す(無料であっても不要な登録は解約する)
☆服の量を適量に保つ
・CDの量を適量に保つ
☆本は基本すべて電子化(できない本や紙で持ちたい本のみ手元に残す)

【内訳】
クラウド費用...1万円/年
日用品...12万円/年
衣料品...10万円/年
⇒23万円/年


387万円/年でした。

今のお給料だと難なくクリア。

ただし、今の仕事をずっと続けられる保証はどこにも無いのと、
今のお家賃で計算していない基準なので
転職することになった場合に以下の3点は必ず考慮するようにしておこうと思います。

①年給手取り460万円以上の仕事ならば、今の部屋を借り続けることが可能 ←イマココ

②年給手取り390万~460万円の仕事ならば、家賃7万円/月以内の部屋に引っ越す必要がある

③年給手取り390万以下の仕事ならば、この中からやりたい事を諦める必要がある。


次回は③になった時に備えて、何を諦めるか、
「やりたい事の優先順位を付けてみよう!」と思います。

それではまた。