読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マメになれない豆日記

マメになれない緑豆の奨学金返還完了までの記録。 スタート時(25歳):848万6000円 2017/4/1現在(34歳):171万円

奨学金を返還しよう ~日雇いはすぐ切られる~

こんにちは、緑豆です。

今日は朝から倉庫バイトが入っていたはずですが
突然昨日の夕方に「採用」から一点「不採用」通知がメールできました。
おそらく、今日の倉庫のはけ具合が良かったか、明日の入荷数が減ったのか、
とりあえず何かしらの理由で明日の日雇いバイト人数分の仕事は無くなったんだろう。
夕方に連絡が来たため、次を応募しようと見ても良い条件の仕事は見つからず、
結局、こうして何もない朝を迎えてしまいました。

日雇いバイトは完全に買い手市場です。
日雇いで生計を立てている場合、
「明日、働かせて貰えるかどうか分からない」不安と常に隣り合わせ。

私は平日は正社員で働いていますが
「働かせて」ではなく「会社やお客様に貢献する為に働いている」という意識があり、
それは自分の為でもあって、自分の意思で仕事に取り組んでいる。
が、日雇いバイトになると、一気にそういう意識が下がる。
日雇いバイトをしている人の意識が低いというのではなく、
そもそもそういう意識で臨んだら、精神的に自分がヤられてしまうと思う。
雇い主都合で「明日来なくていいよ」と言われてしまう世界。
ただこれは、雇用主が悪いというのでもなく、
そういう契約だからこそ、
即給という制度が許されていて、空いてる時間だけ働きたいという働く側のニーズにも対応できているという側面もあります。


さて、空いた今日は
家事全般こなしてから、
来週分の料理を作り置きしたり、
英語の勉強に充てたり、
そんな一日を過ごしつつ、
夕方からの日雇いバイトにまた応募しているので
採用されれば懲りずに働いてきます(笑)


それではまた。