読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マメになれない豆日記

マメになれない緑豆の奨学金返還完了までの記録。 スタート時(25歳):848万6000円 2017/4/1現在(34歳):171万円

奨学金を返還しよう ~不用品を整理しよう~

こんにちは、緑豆です。

■春は不用品の整理の時期
実家引っ越し時に実家にずっと置いていた私物をとりあえず
すべて我が家に送ったことから、
今我が家は通常時より段ボール6箱分ほどの荷物に囲まれています。
一気に捨ててしまえば事足りるのかもしれませんが、
それはやはりできないのでひとつづつ吟味しながら整理しているところです。
それに伴って、もう一度家の押し入れを整理してみたところ
こんなものが今のところ不用品として発掘されています。
【大型不用品】
・古い液晶モニター
・古い自作PC
・古いトランクケース
・古いビデオデッキ

【不用品】
・ビデオテープ×15本ほど
・PCバックアップ用のCD-R
・社会人すぐに受けた、数々の研修テキスト
・語学書
・花瓶×2
・キャンドル
・大学時代の講義ノート
・書き損じ葉書
・大学時代の成績表
・油絵用の無地のキャンパス

普通の不用品は、指定されたゴミの日に出せばいいだけですが
大型不用品はリサイクルショップなり、自治体に連絡しないといけないので
色々と面倒です。
あまり大きな物は所有しないようにしようと改めて思いました。

■マルイの古着回収
年に3~4回ほどのペースで定期的に行われている
マルイの古着回収。
会場によって多少違いますが、
大体1日、1人/15点まで古着を引き取ってくれます。
古着は、状態によってリユースやリサイクルに回されるそうなので
ゴミとして出すよりよっぽど気持ちがよいものです。
そして1着につき、200円のマルイで使える割引券がもらえます(※ただし、2000円以上のお買いもので1枚使えるというもの)。
普段、マルイで買い物をしているわけではないので
実はもらったところで、全部使いきった事はないのですが、
唯一、マルイに入っている「ジョンマスターズオーガニック」という
緑豆が愛用しているジャンプー・リンス、化粧品を取り扱っているお店で使えるため
割引券を使って、3カ月分ほどの量をまとめ買いするようにしています。

フリマを利用して服を売ったこともありますが、
どうも緑豆は、
フリマでいちいちお客さんが値切ってくるのを苦痛に思ってしまうため
いつしか出店することをやめてしまいました。
数十円値切って買ったお客さんの元に、この服が旅立ったとしても
有効に利用してもらえないんじゃないか・・・
と思うとなんだか服が不憫で・・・。
それであれば、服の行く末がはっきりとしているマルイの古着回収の方が
たとえ、もらった割引券を使わなくても、安心して引き渡せると思っています。

さて、今ちょうどマルイの古着回収の時期のため
先週末に15点分を引き渡してきました。
今週もまた古着15点+靴5点を引き渡す予定です。
昔気に入ってはいていたヒールの靴ですが、
もうかれこれ5年は履いていないと思うので思い切って引き渡し候補に。

■古いガラケー処分しました
さて、不用品として昔使っていたガラケーが3台出てきました。
捨てづらい気持ちがどこかにあったのですが、
いる? いらない? と聞かれれば
いらない と思ったので
ドコモとauショップへそれぞれ持ち込みました。

同じ廃棄でも、auとドコモとの対応に差があって面白く思いました。
【ドコモ】
・ちゃんとカウンター席まで案内されて丁寧に中に外部メモリ等が入っていないか確認(実際私も知らなかったのですが、メモリーカードが刺さっていました)。
・目の前で操作できないようにボタンをクラッシュ×3か所
・同意書内容説明とサインと、同意書のうつしを封筒に入れて返却

auショップ
・カウンターでなくそのあたりの空きスペースで対応
・クラッシュする機械を持ってきて、目の前で「破棄しますね」と言ってボタンクラッシュ×1か所のみ 外部メモリ等が刺さっていないかの確認は特になし。
・同意書のサインを求められるが、内容についての説明はほとんどなし。
・同意書のうつしをそのまま返却

ショップの違いなのかもしれませんが、
ドコモ⇒auの順に廻ったのですが
auの適当加減が露骨だったため、ちょっとびっくりしました。
最初に声をかけて店員さんは挙動不審でおどおど?されており
中から出てきた、店長らしき人が対応してくれたのですが
なんだか偉そうな感じ:(
もしかすると店員さんが若干挙動不審だったのは、店長の横柄な感じが影響しているのかもなぁと
勝手に想像したりしました。
ショップでの対応がすべてではないとは思いますが、
何かあった時に駆け込むショップは今回のそれぞれのショップなので
「当分ドコモ利用確定だなぁ」と思いました。

それではまた。