マメになれない豆日記

マメになれない緑豆の奨学金返還完了までの記録。 スタート時(25歳):848万6000円 2017/4/1現在(34歳):171万円

奨学金を返還しよう ~四月は君の嘘を読みました~

こんにちは、緑豆です。

アフィリエイトを始めたので
たまには良い本とかCDとかを紹介していこうと思います。
お付き合いいただけると嬉しいです。

Tsutayaの漫画レンタル
先月は趣味費がゼロ円だったので
ちょっと、今月は漫画でも借りてみようかなと思い
近所のTsutayaで漫画を10冊借りてきました。
10冊1週間レンタルで864円(税込)なので、
コミックが1冊480円くらいだと思うので、かなーりお得ですよね。

今回は、ノイタミナで絶賛アニメ放映中の
四月は君の嘘」を1~10巻まで借りてきました。

ストーリーはネタばれしないように簡単に紹介すると、
小学校の頃は神童と呼ばれていたピアニストの主人公”公生”が
母親の死をきっかけにピアノを一切弾かなく(弾けなく)なって
2年が過ぎた、中学3年生の頃からの話になります。
そこで、公生はバイオリニストを目指す”かをり”と出会い
再びピアノと向き合いながら成長していくという
ありきたりといえばありきたりな青春ストーリーなんです。

 

が、

”公生”と音楽家として切磋琢磨しながら成長する周りの人々と、
”公生”を幼馴染として、友人として接しながらも成長する周りの人々との
2つの軸から
それぞれ人が感じ、成長していく過程を上手くストーリーに織り込んでいて
それがとっ散らからずにストーリーが進んでいくので
ついつい引き込まれて読み進めてしまいました。

絵にすごく特徴がある方ではありませんが、
ピアノの演奏シーンのコマ割りやセリフの言葉選びが絶妙で
ぐいぐい引き込まれます。

特に大好きなのが、”公生”をライバル視している”絵見”の
コンクールでの演奏シーン
アニメ版だと第8話として放映されたようなのですが
「響け」という言葉が何度も何度も使われています。
この言葉とコマの使い方がものすごーく良い。

一気に絵見の事が好きになってしまいました。

緑豆はアニメ版は観ていないのですが(アニメも好評みたいです)
漫画もとっても面白いのでお勧めですよ。


それではまた。


Amazon.co.jp: 四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン): 新川 直司: 本

 


Amazon.co.jp: 四月は君の嘘 コミック 1-10巻セット (月刊マガジンコミックス): 新川 直司: 本